無料でたくさんコミック・ライトノベルが読める!

宮古芳香は腐が怖い - ライトノベル

  • ライトノベル

五十嵐月夜 / Maki

宮古芳香は腐が怖い

あらすじ

その少女は死なず腐らぬ肉体を是とされていたはずだった

暗い場所に閉じ込められている――
 宮古芳香という名を持つということ以外に自分に関する記憶のほとんどを失った少女は己が見知らぬ所にいることを悟る。
 己を求めて、そして己を救える者を求めて彷徨う芳香であったが救われるべき己の肉体は死体そのものであった。
 「こんなの化け物以外にありえない」
 「私はいつから化生となったのか」
 自分が人間であると信じていた宮古芳香の常識が一歩を踏み出すたびに腐り落ちていく。
 やがて己の存在そのものを腐らせていくようになった芳香は人と人ならざる者の境界で醜く抗う。
 その抵抗自体も腐敗への道のりを進めるものであるというのに。

少女たちが抱く『最も恐ろしいもの』をテーマにした各巻完結型の幻想少女恐怖シリーズ第七弾。

540円

カートに入れる

チェックに追加

※この本は電子書籍です

ほかの本を探す

この本は電子書籍です

この本は電子書籍です。iOS / Androidのスマートフォン、タブレットでのニコニコ書籍アプリ、およびPCのブラウザにて閲覧できます。購入の前にお手元の環境で閲覧できるかをご確認ください。