無料でたくさんコミック・ライトノベルが読める!

豊聡耳神子は聲が怖い - ライトノベル

  • ライトノベル

五十嵐月夜 / ZYANNA

豊聡耳神子は聲が怖い

あらすじ

その少女は人々の聲を聞き届ける天命を担っていたはずだった

仙人である豊聡耳神子は、増えた弟子たちに自分の時間を削られながらも高みへ至るための修行の傍ら、復活した幻想郷で穏やかに暮らしていた。
 ある朝、そんな神子の目を覚ましたのは自らの声もろくに聞こえぬ爆音だった。
 すわ襲撃かと構えるも、廟の様子は普段と変わらない平穏そのもので、神子以外の住人は爆音などないように話しかけてくる。
 変わっていたのは、自分だった……?
 この耳が、狂ってしまった……?
 人々の声を聞くために与えられた聴覚の才。それが失われたという疑惑に至った神子はそれを隠してしまった見栄に屈して一人頑なに解決を目指す。
 しかし、不器用に取り繕う神子にはまだ知る由もなかった。
 頭を揺らす爆音は始まりに過ぎないことを。
 己の変容と配下の不変の狭間には、人の埒外に蔓延る化物の呼び声が満ちているのだと。

 少女たちの「最も恐ろしいもの」について述べた、各巻完結型・幻想少女恐怖シリーズ第13弾。

540円

カートに入れる

チェックに追加

※この本は電子書籍です

ほかの本を探す

この本は電子書籍です

この本は電子書籍です。iOS / Androidのスマートフォン、タブレットでのニコニコ書籍アプリ、およびPCのブラウザにて閲覧できます。購入の前にお手元の環境で閲覧できるかをご確認ください。