無料でたくさんコミック・ライトノベルが読める!

本居小鈴は識が怖い - ライトノベル

  • ライトノベル

五十嵐月夜 / あこ

本居小鈴は識が怖い

あらすじ

その少女は、己を満たす識に手を伸ばしていたはずだった

ある日、鈴奈庵に一冊の奇妙な本が持ち込まれた。
どんな文字で書かれた本も読み解く能力を持つ小鈴にすら読めないその本は『無題』と名付けられたが、文字通り読まれることなく引き出しの奥に仕舞われ、そして忘れ去られた……。

それからしばらくして、小鈴に二つの異変が襲いかかる。
妖怪の悪夢に連日魘されること。
読めるはずの妖魔本が読めなくなっていったこと。
蝕まれる精神と喪失の恐怖に駆り立てられ、ただの落書き帳と化していく本たちを必死に調べる小鈴。
そして残酷な真相に辿り着いたとき、抗いようのないこの異変の本質に絶望する。

少女たちが抱く『最も恐ろしいもの』をテーマにした、各巻完結型東方Project二次小説・幻想少女恐怖シリーズ第3弾。

0円

無料でもらう

※この本は電子書籍です

ほかの本を探す

この本は電子書籍です

この本は電子書籍です。iOS / Androidのスマートフォン、タブレットでのニコニコ書籍アプリ、およびPCのブラウザにて閲覧できます。購入の前にお手元の環境で閲覧できるかをご確認ください。