無料でたくさんコミック・ライトノベルが読める!

ななかさんは現実 - ライトノベル

  • ライトノベル

鮫島くらげ / 双龍

ななかさんは現実

あらすじ

第4回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞。俺は電車のなかで居眠りをしていた。ラブコメマンガのヒロインななかさんとキャッキャウフフする2次元ドリームを見ていた。「ウホッ」という声で目をさますと、近くにいたオッサンが「やらないか」とか言ってきた。俺は夢で美少女にツンツンしていたはずが、そっち系の見知らぬオッサンにモーションをかけてしまっていたようだ。アーッ!俺はチカンじゃない! そういう趣味もない! ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…といくら謝っても「嘘だッ!!!」と認めてくれない。「やめなさい!」――そこに現れたのはひとりの美少女。どこかで会ったことがあるような。っていうか、さっき夢で!「電車内での性行為はつつしんでくださいよ!」ちょ、おま! ちげーよ!「……ははァん。こりゃあ俺たちの仲を引き裂こうってハラだな?」そう言ってオッサンはななかさんに激似の少女にフリッカージャブを繰り出すも、彼女はデンプシーロールを駆使してボッコボコに!まじパネェ。……それが、俺が絶賛片思い中の二次元の女の子“ななかさん”によく似た謎の美少女との出会いだった。第4回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞作!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

637円

カートに入れる

チェックに追加

※この本は電子書籍です

詳細情報

鮫島くらげ
イラスト 双龍
ジャンル ライトノベル ,男性向け
シリーズ ななかさん(ガガガ文庫)
レーベル ガガガ文庫
出版社 小学館
配信開始日 2016/5/20
ページ数 279ページ (*)

ほかの本を探す

この本は電子書籍です

この本は電子書籍です。iOS / Androidのスマートフォン、タブレットでのニコニコ書籍アプリ、およびPCのブラウザにて閲覧できます。購入の前にお手元の環境で閲覧できるかをご確認ください。