無料でたくさんコミック・ライトノベルが読める!

封獣ぬえは嘘が怖い - ライトノベル

  • ライトノベル

五十嵐月夜 / もなつ

封獣ぬえは嘘が怖い

あらすじ

その少女は人々の嘘を糧としていたはずだった

かの伝説の大妖怪・鵺の正体たる封獣ぬえは、久々の地上に恐怖の不足を感じつつも、暇を持て余していた。
 夏の祭の日のこと。正面から祭の意図を挫こうとする魔女にあてられたぬえは、山の神たちを出汁に人々へ鵺の恐怖をしらしめることに成功した。
 人間が正体不明を恐れている。恐怖が私を強くする。だが問題はないはずなのに、ぬえは増大する妖力に不安を覚えていた。
 ――その不安は、的中することとなる。
 身を置いている寺の連中が、自分のことを正しく認識できなくなった。
 正体不明の妖力が悪さをしているとしか思えない前代未聞の事態に、解決を模索するぬえだが、正体不明を襲う正体不明の現象はそれだけでは終わらない。
 ぬえが辿り着いたのは、正体不明を歪める明々白々で絶望的な事実だった。

 少女たちが抱く『もっともおそろしいもの』をテーマにした、各巻完結型の幻想少女恐怖シリーズ第十弾。

540円

カートに入れる

チェックに追加

※この本は電子書籍です

ほかの本を探す

この本は電子書籍です

この本は電子書籍です。iOS / Androidのスマートフォン、タブレットでのニコニコ書籍アプリ、およびPCのブラウザにて閲覧できます。購入の前にお手元の環境で閲覧できるかをご確認ください。