無料でたくさんコミック・ライトノベルが読める!

化身 下巻 - 文芸

  • 文芸

渡辺淳一

化身 下巻

あらすじ

純粋無垢な若い霧子を自らの理想の女性にするために、文芸評論家の秋葉は、際限のない愛を注ぐ。
順調に愛を育み、成熟した女性に変貌した霧子だったが、霧子のアンティーク店の出店により、徐々に2人の関係にほころびが出始める。
2人の愛の行方は? 究極の恋愛小説ともいうべき傑作。
【著者プロフィール】
1933年北海道生まれ。札幌医科大学卒業後、母校の整形外科講師となり、医療と並行して小説を執筆。1970年『光と影』で第63回直木賞受賞し、本格的に作家活動を開始。1980年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞を受賞。1997年に刊行された『失楽園』は大きな話題をよび、映画化、テレビドラマ化された。2003年には紫綬褒章受章。著書は『鈍感力』『ひとひらの雪』『化身』『化粧』『孤舟』『うたかた』『花埋み』など多数。

918円

カートに入れる

チェックに追加

※この本は電子書籍です

詳細情報

著者 渡辺淳一
ジャンル 文芸
シリーズ 化身
レーベル ――
出版社 ゴマブックス
配信開始日 2015/12/26
ページ数 596ページ (*)

ほかの本を探す

この本は電子書籍です

この本は電子書籍です。iOS / Androidのスマートフォン、タブレットでのニコニコ書籍アプリ、およびPCのブラウザにて閲覧できます。購入の前にお手元の環境で閲覧できるかをご確認ください。